ホーム > インプラント > インプラントの手術内容

インプラントの手術内容

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療可能になっています。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けることも考えるべきです。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修を受けています。一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。いますぐ白い歯を手に入れたいのなら美歯口ホワイトニングキットがオススメです。自宅で30日間で効果を発揮されます。美歯口の公式サイトはこちら